ギャラリー 葉 神戸

松谷武判:作家紹介

                           
松谷武判
松谷 武判 (現代美術家)
松谷武判の経歴
   

1937年 大阪市に生まれる。
1954年 大阪市立工芸高等学校日本画科に入学。
1957年 西宮市展日本画部に初入選。
1960年 具体美術展に初出品。
1962年 ボンドを使用したレリーフの作品を発表し、その官能的な形と独創性が高い評価を受ける。
1963年 具体美術協会会員に推挙。同年にグタイピナコテカにボンドによるレリーフを出品。
1966年 フランス政府給費留学生選抜、第1回毎日美術コンクールでグランプリを受賞し渡仏、以後パリを拠点とする。
1967年 S.W.ヘイターのアトリエ17に入門、1969〜70年にかけて助手を務める。
1970年 アトリエ17を辞し、モンパルナスにシルクスクリーン版画工房を設立、のちバスティーユに移る。
1970年代末からは、画面やボンドのレリーフを鉛筆で黒く塗りつぶすモノクロームの作品を主に手掛けている。
1980年 柔らかく濃い鉛筆で、黒く塗りつぶすという独自のスタイルを確立。
2002年 「現代美術の普及振興に貢献した」として西宮市文化賞を受賞。
2014年 兵庫県文化賞を受賞。

松谷武判作品紹介

*画像をクリックすると拡大されます。
このページのトップへ