ギャラリー 葉 神戸

羽田 英彦作家紹介

                           
羽田 英彦

羽田 英彦の経歴
   
昭和13年 兵庫県西宮市に生まれる。
幼少時より、亀井貞雄・須田剋太・吉原治良・村上三郎に師事。
昭和31年 西宮市展に入選を経て昭和35年(1960年)具体美術展に出展。 現代日本美術展・北九州絵画ビエンナーレ・アートフェスティバル全瀬戸内展等に出品、受賞。
昭和36年 神戸大学教育学部卒業。
昭和47年 第一美術協会第43回展大賞候補4席受賞。
昭和56年 ART’81協会結成に参加。 90年代まで、テント美術館展・現代芸術’83’84年度・兵庫県美術祭・兵庫県現代美術展 明日をになう西宮の作家展等に招待出品。芦屋市展・西宮作家近作展・西宮美術協会展 ART’81協会展等に連続出品、入賞。 亀井貞雄氏の後を受け、西宮美術協会第五代代表となる。
平成11年 兵庫県教育功労賞受賞。武庫川女子大学に勤務
成16年 第一美術協会会員復帰。
平成17年
〜19年
第一美術協会展会員奨励賞・京都府知事賞受賞・文部科学大臣賞受賞。
現在 第一美術協会評議員、ART81協会創立会員、
西宮芸術文化協会会長、
西宮市文化振興財団評議員、
大谷記念美術館運営委員、
西宮市展洋画部門審査員、
個展35回、西宮市在住。
 
 

羽田 英彦作品紹介

*画像をクリックすると拡大されます。
このページのトップへ